Supplies

使用方法を把握

車内に装備させるカーテンです

車用カーテンとは、車の中に内装として備える車内装備の1つです。 カーテンとはそもそも窓に備える物だと言う認識が皆さんにもあると思います。 そして車用カーテンとは文字通り車の中の窓を防視、遮光する為の車内内装となります。 まず重要な部分を1つだけ先んじて記載するとすれば、車用カーテンとは基本的に運転中は取り外す事が必要となります。 カーテンだから巻くっておけばいいのではと思う人も居るかもしれませんが、車の場合は運転手のバックミラーやサイドミラー、または後部座席や助手席の窓から見る視認情報が交通事故を防ぐ為のとても重要な要素ですので、この点はしっかりと認識して、運転中の時は車用カーテンは布自体を取り外して使用するように心掛けて下さい。 旅行バスの中には客席側がカーテンを閉じたまま運行しているケースがありますが、そもそもバスと一般車両ではそれぞれのミラーの意味合いや視認の仕方に差異もありますので混合せず誤認せずに居る事が大切です。 ケース次第では警察の方々に車両を停止する指示を受け、注意を受ける事もありえます。

では車用カーテンとはどんな時に使うのか

前述では交通事故の危険性から運転中は必ず取り外してご利用して欲しい旨を記載しましたが、では一体いつ使うアイテムであるのかという点を記載します。 これは基本的に車中泊や、夏の海などの陽射しが強い時の停止車内待機の時などの場合に用いられるアイテムです。 車中泊の場合においては外側から誰かが覗いてきたりするのを防ぐ為にカーテンを閉じて外側から誰にも見えない様にする意図があり、そして夏の日差しの強い時などで海などの旅行に行った時、車酔いで車の外にも出れず、他の旅行同行者達が海に行っても車のシートで横になっている方が良いという人の為に陽射しを防止する為に用いられたりとするのが基本的な利用方法になります。 つまり、車においても普通に家の中で使う車用カーテンと何ら変わらない規格を合わせた道具であると言えます。 ですので難しく考えずそういう道具なんだと理解して、運転中は取り外す事が大事であるという事を理解して使用する事が大切です。